ISO14001のページ

環境方針  認証取得証書1  認証取得証書2
 
ISOのメニューに戻る

 
 つばさ総合高等学校の教室には「ゴミ箱」がありません。
ゴミは、各フロアにある「ゴミステーション(全校で9ヶ所)」に生徒が捨てに行き、分別して捨てます。


そのゴミを毎日ボランティアの生徒が回収し、計測します。また、回収するときにそのゴミ箱の分別状況についての点数を付けます。


 このゴミ回収の活動は現在60名程度のボランティアの生徒により支えられております。昨年、教室のゴミ箱を撤去するときには、「ゴミが投げ捨てられ教室が汚れるのではないか」、「不便になってしまう」などの意見が生徒から多く出されましたが、実際にゴミを投げ捨てる生徒はいませんでした。
 分別については写真のように現在は8分別ですが、10月よりもう少し細かく分別するようになる予定です。分別の評価は、現在はだいたい72〜3点(90点満点)です。まだまだ分別出来てない部分も多く改善の余地があります。
 また、学校の所属している地域の「資源ゴミ回収」に、つばさの生徒も協力して、地域のゴミを集めています。町会が主催する資源ゴミの回収ですが、少年野球の小学生と一緒に新聞紙、雑誌、段ボールなどを集めています。